ベイスターズ雑記

ベイスターズに関する情報+αをまとめます。なるべくポジに目を向けていきたい。記事を書ける日と書けない日がまちまちではありますが、なるべく積極的に更新するよう心掛けたいです。

ドラフト5位 益子京右選手について

176cm 85kg 右投右打


f:id:sketchsketch:20181225132145j:image

☆経歴

明保学童野球部(西が岡小)-宝木中-青藍泰斗高

 

☆選手として

二塁送球タイム1.72秒を誇る強肩が売りの捕手。守備面だけでなく高校ではキャプテンで4番を務め、通算23本の長打力も兼ね備える。高校一年時から公式戦に出場し、一学年上の石川翔選手(中日)とバッテリーを組んでいた。二年時にはサードとしても出場。三年夏は白鴎大足利に破れ甲子園未出場。

 

☆背番号など

背番号32

年俸500万+契約金3000万

 

☆考察という名の所感

ドラフト時のドキュメンタリーで話題になりましたね。

すでに肩という圧倒的アドバンテージを持っているのは有名な話ですね。プロでもその実力を発揮できるならば、数字的に考えて間違いなく通用しますし、それを自信にすることでよい成長を促すこともできます。

肩が有名すぎますが長打力もなかなかで、他の高校生野手と比較するとストロングポイントと言えるものを持っているのではないでしょうか。個人的に漂わせる風格が非常に好きです。

ただし、高校生上がりなので課題も多く持ち合わせます。送球以外の捕球能力や壁性能など守備面は指導が必要そうですし、打撃は粗さが目立ち、それが数字に表れています。そういう意味では完全に素材型の選手ではないでしょうか。

打撃面をどれだけ成長させられるかが正捕手への鍵となるのではないでしょうか。

 

一年目として、山本選手が残した数字がまず目標になるでしょう。また、同時に実戦で最大の長所たる肩がプロでも通用するという手応えと自信を掴むことが大切だと思います。

 

益子選手に期待しましょう。