日々、野球 ~星を添えて~

ベイスターズの試合日報を中心に、+αの情報をお伝えします。

野球に詳しくなりたい…そのためのセイバーメイトリクス OPS編

私が勉強するもののまとめとしてブログに残します。振り返ったときに時間を取らないように、なるべくかみ砕いた形で書きたいですね。

 

☆対象

野球は好きだし、打率だとか出塁率だとかそういうものはわかる…でもちょっと踏み込んだOPSとかWHIPだとかは詳しくわからない…みたいなちょうど私のような人向け

 

☆第一回目はOPS

OPS(オーピーエス、オプス)とは→打者が得点にどれだけ貢献しているかを示す指標。

計算式:OPS出塁率長打率

 

OPSのメリット

・算出が簡単…足し算するだけ!

・得点との相関関係が強い…打率と得点よりもOPSと得点の相関係数のほうが高い。

 

OPSのデメリット(注意点)

・出塁能力、走塁能力が過小評価されている

・打者のタイプはわからない

 

☆データの見方

 〇.〇〇〇〇みたいな数字で表現する。基本1を超えることがないので、一の位がはしょられることが多いが、2018年ソト選手の1.008ように1を超えるときはそこまで表示しますね。

開発者による評価:A~Gの7段階に分類する。

  評価    OPS

A:素晴らしい  .9000以上

B:非常に良い  .8334 ~ .8999

C:良い     .7667 ~ .8333

D:並      .7000 ~ .7666

E:平均以下   .6334 ~ .6999

F:悪い     .5667 ~ .6333

G:非常に悪い .5666以下

 

☆具体例

・算出 

        出塁率 長打率   OPS

2018年筒香選手 .393   +  .596   =  .989

2018年宮崎選手 .363   +  .532   =  .894

 

・評価

筒香選手 .989 → 素晴らしい

宮崎選手 .894 → 非常に良い

 

・しかしその実…

筒香選手 打率.295 三振数107 

宮崎選手 打率.318 三振数45

→三振数が2倍以上違う!

ついでに打順も違う→打席で求められる役割も違う

 

と、一概にOPSでの評価で選手を評価することはできない

 

・まとめ

OPSというデータを知ることで、野球の見方が一つ広がればいいなと思います。

ただし、先ほどの例のように打者にもいろいろな役割や性質があります。あくまでOPSなどはある側面からの評価であるということを理解すべきですね。