ベイスターズ雑記

ベイスターズの試合日報を中心に、+αの情報をお伝えします。

オープン戦DeNA 1 - 0 広島 3月20日 inハマスタ 【かんたん日報】

☆先発

De 大貫

広島 床田

 

☆リレー

大貫(嶺井)5回-エスコバー1回-笠井(嶺井→伊藤)1回-パットン1回-三嶋1回

 

☆ハイライト

ルーキー大貫選手が先発。ランナーは許したが、粘りの投球で0封すると後続のリリーフ陣は1安打も許さないパーフェクトピッチングを披露。一方打線は5回、ロペス選手、中井選手、嶺井選手がヒットを放ち1点を奪う。この1点を最後まで守り抜き、De1-0広のロースコアゲームとなった。

 

☆ポジ

楠本 猛打賞

嶺井 タイムリー含むマルチヒット

投手陣 完封リレー

 

☆まとめ

大貫選手が好投しました。開幕ローテ争いに一歩前進したといえるでしょう。

今回は、4四球と持ち味を発揮しきれなかった感がありますので、別の機会ではよりよい内容が期待できるかもしれません。また三振が1個と少なくはありますが、ゴロアウトを量産しハマスタというパークファクターの不安を感じさせない投球が期待できそうです。

リリーフ陣はパーフェクトリリーフ。すでに主力格の選手に加え、笠井選手が結果を出し続けており、一軍帯同も固いのではという状態にあります。

リリーフ運用をAチーム(クローザーや経験のあるセットアッパー)Bチーム(ロングビハインドや経験させたい若手など)の区分で考えると、まずはBチームから結果を残していくことになると思われます。そのため、なかなか過酷な戦いが待っていることは間違いなさそうです。

打線は楠本選手が猛打賞、嶺井選手がマルチとアピールしたい選手が結果を残しました。

全体としては計8安打と残塁が気になります。

 

まぁでも勝てば官軍でございます。

オープン戦DeNA 8 - 4 阪神 3月19日 inハマスタ 【かんたん日報】

☆先発

De バリオス

阪神 ガルシア

 

☆リレー

バリオス(山本)5回→三上1回→国吉(山本→伊藤)1回→エスコバー1回→山崎1回

 

☆ハイライト

2回、DeNAは先生を許すも3回4回と打線爆発。6点をもぎ取ることに成功する。一方バリオス選手は5回を2失点にまとめ継投へ。三上選手山崎選手は失点を許したものの、大量リードに追いつかれることなくDe8-4神と勝利した。

 

☆ポジ

桑原、楠本 1本塁打含む2安打マルチヒット

山本 タイムリー含む猛打賞

大和 マルチヒット

 

☆まとめ

バリオス選手が試合を作りました。やはり先発が試合作れると全然ちがいますねぇ。

ただし懸念として相変わらず四球の出方が良くないという点が挙げられそうです。ずるずると四球を重ね余計なピンチを招いてしまっています。また、先頭打者に対して四球被安打もありますから、実践の中でまたリズムを作るように調整していければさらによくなる可能性もあるのではないでしょうか。

打線は14安打8得点と上々の内容。桑原選手楠本選手の切り込み隊長候補たちが躍動し、初スタメンマスクの山本選手が猛打賞、それに呼応するように多くの選手がヒットを放ちました。

1、2番が打てば打線の厚みが増しますね。この調子で頑張ってほしいものです。

オープン戦DeNA 7 - 4 ロッテ 3月17日 inハマスタ 【かんたん日報】

 ☆先発

De 井納

ロッテ 有吉

 

☆リレー

井納(戸柱)5回-笠井1回-砂田1回-三嶋(戸柱→山本)1回-パットン1回

 

☆ハイライト

De打線は初回から連打が飛びだし4点の先制に成功。先発の井納選手は2回に1点のみ失うものの、安定感のある投球で5回を余裕で投げ切った。打線はその後も筒香選手のHRなどで追加点を加え、さらにリリーフ陣も失点は許すが追いつきくことを許さずDe7-4ロッテと白星を勝ち取った。

 

☆ポジ

井納 5回1失点好投

桑原 マルチヒット

筒香 2安打1本塁打3打点

ソト 1本塁打

 

☆まとめ

返 っ て き た 宇 宙 人

実家のような安心感ですかねこれが所謂。失点こそしましたが、被安打2で与四球0の内容。5回71球ですし、これはシーズンならHQSは行けるなというくらいのペースでした。流石井納選手です。

打線も桑原選手が復調の兆しを見せます。それに呼応するように繋がる打線!やはり桑原選手が打つと打線の元気が違います。

また、筒香選手も仕上がりの良さを見せる活躍ぶり。ハマスタの新スタンドへの第一号のホームランを放ち、これぞ筒香!というような活躍でした。

 

一方、神里選手倉本選手などトンネルの終わりが見えない選手もいます。OP戦中に光が見えてくるとよいのですが…

 

もう一人ピックアップするなら楠本選手でしょう。今日からとうとう2番での出場となり、本格的に開幕戦スタメンが現実味を帯びてきました。この日は1四球のみにとどまりましたが、アピールとしての正念場となっていますね。

オープン戦DeNA 1 - 4 ソフトバンク 3月16日 inハマスタ 【かんたん日報】

☆先発

De 上茶谷

ソフトバンク ミラン

 

☆リレー

上茶谷(伊藤光)6回-国吉1回-三上1回(伊藤光→山本)-エスコバー1回

 

☆ハイライト

先発の上茶谷は3回、3ランホームランを浴び先制を許してしまう。一方の打線は乱調気味なミランダ選手を責め立てるものの点へとなかなかつながらない。そして4回中井選手のタイムリーで1点をつかんだ。しかし、上茶谷選手5回にはタイムリーを浴びさらに追加点をあたえてしまう。以降、ソフトバンク投手陣とDeNA投手陣の安定継投でDe4-1ソフトバンクでゲームセットとなった。

 

☆ポジ

国吉 パーフェクトリリーフ

中井 タイムリ

 

☆まとめ

上茶谷選手のハマスタ初登板ということで、なかなか緊張の見て取れる内容でした。経験値としては非常に良いものになったのではないでしょうか。

リリーフ陣は特に国吉選手が大活躍でストレートが157㎞を記録するなど、仕上がりの良さを見せました。

一方打線は沈黙気味で安打3得点1と物足りない結果に。相手投手も要所要所に付け入る隙があっただけに、もう少し頑張ってほしかったというところはあります。

オープン戦DeNA 2 - 5 楽天 3月14日 in静岡 【かんたん日報】

☆先発

De 今永

楽天 岸

 

☆リレー

今永(伊藤光)5回-砂田(伊藤光→嶺井)2回-笠井(嶺井)1回

 

☆ハイライト

初回、岸選手の立ち上がりを叩くも得点ならず。2回の裏連打での失点後に追撃が如く四球と内野のエラーに見舞われ計4点の失点をしてしまう。5回にもソロホーマーで1点を献上し5回5失点という内容で降板。6回に戸柱選手のタイムリーで2点を取るものの反撃には至らず。De2-5楽天と敗戦となった。

 

☆ポジ

楠本、ソト マルチヒット

戸柱 タイムリーヒット

砂田、笠井 無失点リリーフ

 

☆まとめ

今永選手の失点が目立ちますが、結果ほど悲観するような内容でもないのではと思います。というのも、ミスがなければ失点は確実にここまで失点はなかったでしょうし、なんだかんだ5回の予定イニングまでは投げ切ることができているので。今永選手に関しては四球と突発性被弾のほうが怖さがあるのではと思います。

リリーフ陣は安定感があります。昨年、ケガで順調とはいかなかった笠井選手が奮闘しています。今年は1軍リリーフの面々に食い込むことができそうです。

打線は、ソト選手に加え楠本選手が非常に頑張っています。また、戸柱選手の打球が強くなり、少ない出場機会でも結果につながりそうないい内容を見せています。

 

敗戦にこそなりましたが、ポジりてぃのある内容も見れました。

オープン戦DeNA 3 - 3 楽天 3月13日 in静岡 【かんたん日報】

☆先発
De 濱口
楽天 福井

☆リレー
濱口(伊藤光)5回-エスコバー(伊藤光→嶺井)1.2回-パットン1.1回-三嶋1回

 

☆ハイライト

初回、ソト選手ロペス選手が立ち上がりを叩き2点を先制する。その裏1点を返されるもののリードした試合展開に。しかし3回、ブラッシュ選手にタイムリーヒットを浴び3-2と逆転を許してしまう。追いつきたいDeNAだったが思うように攻撃がかみ合わない。近くて遠い1点を追いかけて9回、頼れる助っ人ロペス選手がソロホームラン。何とか同点に追いつきDe3-3楽天と引き分けゲームとなった。

 

☆ポジ
ロペス 3安打 2打点 1本塁打

エスコバー、パットン、三嶋 回跨ぎをこなしながら0封

 

☆まとめ

濱口選手が5回3失点。崩れるも修正するゲームメイク能力も示しました。点こそ取られましたが、悲観すべき内容でもなかったのではないかなと思います。

リリーフ陣は開幕後の継投を想定した形の回跨ぎをこなしながらも、安定感をしましました。

一方の野手陣はロペス選手に依存したような内容…

まったく安打がないというわけではなかったのですが、得点力不足という意味ではそれが如実に出てしまったといえる状態です。

神里選手ら盗塁など足でアピールしたい選手も振るわずポジ要素が少ない…

オープン戦DeNA 1 - 7 楽天 3月12日 in静岡 【かんたん日報】

☆先発
De バリオス

楽天 辛島


☆リレー

バリオス(戸柱)4回-国吉2回-笠井(戸柱→嶺井)2回


☆ハイライト

バリオス選手が初回から乱調。連打連打連打で初回4点を献上するとずるずると失点。4回までに7点を失ってしまう。一方打線は沈黙。7回相手のエラーがらみでの1得点するものの完全に抑え込まれた形となってしまった。結果De1-7楽天の大敗だった。

☆ポジ

細川 マルチヒット

国吉、笠井 それぞれ2イニング0封

☆まとめ

試合の序盤でここまで失点してしまうとちょっと苦しいですね。前回登板もでしたが今回もこの結果となると、バリオス選手は開幕ローテ争いからは脱落となってしまってもおかしくはなさそうです。先日の京山選手に続き、バリオス選手と昨年の開幕でローテーションを支え、今年も食い込んでくる可能性を持った選手が次々と脱落という形になっています。ただ、あまりにも脱落者が増えてしまうと頭数すら足りなくなってしまいますが…石田選手も離脱ですし。

 

その一方で、国吉選手と笠井選手がリリーフとしての存在感を示しました。特に国吉選手は被安打なしの4奪三振と圧倒的な成績。昨年の敗戦処理試合で勝ちパや同点時のリリーフを投入させるというシチュエーションが多かったですが、ロングリリーフでもどんとこいと訴えるような彼らの活躍は頼もしいものがあります。

 

打者成績は全体的には物足りない状態であります。しかし、期待を一手に担う男・細川選手が一人気を吐きました。ここまで順調といえない状態だったかもしれませんが、この日の活躍は指揮官の目には何かを残せたのではないでしょうか。