ベイスターズ雑記

ベイスターズに関する情報+αをまとめます。なるべくポジに目を向けていきたい。記事を書ける日と書けない日がまちまちではありますが、なるべく積極的に更新するよう心掛けたいです。

外国人去就情報

朝とんでもない吉報が入ってきたので記事にします。

 

その吉報というのが、パットン選手が来季もDeNAに残留してくれるというものです。

引用   スポーツナビ 野球編集部@sn_baseball_jp 

 

パットン選手はメジャー志向があるというのは有名な話ですが、30歳になって時間的な余裕もなくなってくる中での大切な1年を横浜のために残留してくれたのですから、相当悩んだ結果の決断だったというのは容易に推定できます。

 

正直、残留はないと皆が思っていたので驚くと同時に、全ベイが歓喜に包まれていました。

 

さて、というわけで助っ人外国人の去就についてまとめたいと思います。

去就確定

  • ロペス 1年契約 年棒2億3000万円プラス出来高
  • ソト 1年契約(球団が二年目契約延長の選択権を持つ) 年棒9500万円プラス出来高
  • エスコバー 1年契約 年棒9500万円
  • パットン 詳細は近日発表

去就未定

現時点、昨シーズンの助っ人たちはこのようになっています。あとは、ウィーランド選手とバリオス選手に関して大本営発表があればといったところ。

 

レイズのアンソニー・バンダ選手が新補強候補として噂になったことがありましたが、これはどうやらバンダ選手がDeファンだった(中後選手がいるから?)というものらしく、バンダ選手もTJ手術により来季は投げることができないようなので、補強はなさそうです。

 

現時点、支配下が67人という状況で、シーズン中の補強を考えた場合にはこれが限界かという人数になっています。

そう考えると、バリオス選手とウィーランド選手が二人とも残る可能性は低いと言わざるを得ません。

 

先発に関しては、西選手の獲得に向けて動いていますし、金子選手も自由契約となっていますから、外国人枠を使わない分そちらを優先して動くでしょうね。その去就次第で先発助っ人の契約に影響が出るかもしれません。

 

また、枠もいっぱいですからトレードの可能性も捨てきれません。

 

外国人の去就が決まって来季のブループリントが少しずつはっきりしていきます。どのような体制になるのか、首脳陣の手腕が問われますね。